2015年05月31日

「木の学校」完成しました。

2013年度から工事が行われていた村岡小学校・村岡幼稚園整備工事が竣工し、完成式典が4月25日に行われました。当日は児童、園児、先生、保護者、工事関係者など大勢の方が参加しました。式典では町長と校長先生からあいさつがあり、生徒は元気な声で感謝の言葉と合唱を披露しました。午前中に行われた校舎見学にも近隣住民や昨年まで小学校にいた卒業生が新校舎の見学に訪れ、「木の香りがする」、「きれいな校舎がうらやましい」などの声が聞こえました。式典後は島根大学教育学部名誉教授の山下晃功先生から地域の木を使って学校を建てることの大切さを生徒に楽しく、わかりやすくご講演頂きました。これから何十年と「木の学校」が生徒に大事に使われていくことを願っています。

y6.jpg

h7.jpg

f2.jpg

h1.jpg

式典の合間に立ち寄った小学校近くの御殿山公園。たくさんの八重桜が見頃を迎えていました。

P1120827.JPG

(MU)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 12:28| Comment(0) | 技術コンサル部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

4/25・26 杜のアレイ(横丁)「ヤマボウシの家」「ヤマモミジの家」説明会のお知らせ

「杜のアレイ(横丁)」は、広島県安芸郡海田町中店での
三軒の木の住まいによる、小さな街づくりのプロジェクトです。

三軒の設計を一体的に考えることで、
それぞれの通風や日照、眺望、プライバシー、街並みの調和に配慮し、
お互いの緑や神社の杜を借景する、豊かな環境づくりを目指しています。

4月25日(土)と26日(日)の2日間、建設予定の
「ヤマモミジの家」「ヤマボウシの家」をご紹介する説明会を開催します。
お近くの方は、どうぞお気軽にご参加ください。

2015_morinoalley_b4_out_m.jpg
(クリックすると拡大表示されます)

当日は見学会として、以前当ブログにてご紹介した「ハナミズキの家」もご覧いただけます。
杜のアレイ(横丁)〜ハナミズキの家〜 その1
杜のアレイ(横丁)〜ハナミズキの家〜 その2

見学会は予約制です。
お申込み・お問合せは、株式会社竹野内建設までお願い致します。

竹野内建設お問合せメールフォーム
http://www.takenouchi-kensetu.com/newlycategory_9/index.html

竹野内建設お電話(フリーダイヤル)
0120-822-796

当日は私たち設計スタッフもご案内させていただきます。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
posted by gkk-tokyoスタッフ at 19:04| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

宮崎の木の家

1.jpg

今から少し前、宮崎市街の中心部に残る住宅地の一角に、小さな木の家を設計しました。
構造材は宮崎のスギと、床は都城で加工したヒノキ、内外壁には都城のシラスと、
地域の素材を用いています。ちょうど一年前の三月に完成しました。

2.jpg

宮崎市の中心市街地も空洞化が見られ、古い屋敷が並んでいた一角の裏通りは
裏庭から転じた月極駐車場が多く並び、まとまった敷地はマンションになっています。
この敷地も築百年を超える古い主屋の裏の月極駐車場で、場所柄、低密度な利用は
勿体ない気もしましたが、高齢化しても暮らしやすいコンパクトな平屋としました。

3.jpg

元来、台風の多い地域であり、雨が多く、日差しも強いので、高さを抑え、
軒の深いシンプルな切妻とし、断熱、通風、夜間排熱に留意しました。
1年を経て、お施主さんから夏は涼しく、冬はこれまでになく暖かいとの声が聴け、
ほっと一息。

4.jpg

通りの向かいのお宅には古くから残る大きな木々があるので、
それと合わせ行き来する人が楽しめるようにと、ほんの僅かな前庭には
花や紅葉、新緑、香りなど季節の変化の楽しめる木を数本植えました。

5.jpg
6.jpg

高い塀は設けず、大らかな格子で目隠しをし、通りの様子を楽しめるように
しています。格子の内側はゆったりとした木製デッキのスロープです。

7.jpg

一本裏で車の通りが少ないせいか、辺りは猫の天国です。
この冬、訪ねてみると、板塀の上は、シンボル・ツリーならぬ
日向ぼっこの白いシンボル・キャットが鎮座していました。

8.jpg

(IMAI)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 17:08| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

常陸地方5番目の顔

見晴らしが非常に良く、海や周囲の山々を一望できる新しい建物が完成しました。

IMG_7872.JPG
IMG_0464.JPG

外壁は地域の素材である大谷石のような風合いのタイルと輪郭が引き締まって見えるグレータイルの2色で明るさと落ち着きのある表情としました。複数の住棟で構成されたときの将来を考慮して水平方向に分節し、形態の連続性に配慮しています。

rrtt.jpg

建物の足元は住民に親しまれるよう、共有スペースを外部まで延長したり、歩行者の視覚にも配慮して緑で修景を行っています。学校の隣接する北側は素材や色の違いで陰影をつけ単調な表情とならないように色の計画を行っています。

(mu)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 14:20| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

...2ヶ月後

「木の学校」村岡小学校の特別教室棟の建て方工事が完了しました。

DSCN4643.JPG

DSCN4644.JPG

2mの積雪に耐える頑丈な架構は、骨組みだけの状態でも雨や風にはビクともしません。
下は天井の最も高いランチルーム。八寸角の大きな柱が腕を広げて屋根を支えています。

DSCN4648.JPG


中庭側のテラスを真っ直ぐ見た光景。
何本もの柱が並ぶだけで迫力のある風景になります。
来年の春には中庭でも生徒が走り回ることのできる場所になっています。

DSCN4651.JPG

DSCN4653.JPG

(mu)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 21:42| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。