2012年05月07日

新築マンション及びホテル棟、竣工しました!

2012年3月、JR常磐線勝田駅の東口駅前にて勝田駅東口地区第一種市街地再開発事業(T街区:集合住宅と商業施設・オフィスの複合ビル、U街区:ホテルと市の駐輪場の複合ビル)が竣工しましたので、お知らせします。

勝田駅東口T・U街区.JPG


我々が関わってから足掛け3年、事務所内外での綿密な検討、現場監理…etc.を経て、この春勝田駅東口駅前が新しくなりました。勝田では、駅の反対側の西口でも2年前に完成した154戸の集合住宅の設計にも携わっており、これで駅を挟んで両側の整備に関わったことになります。

ファサードデザインとしては、併せて行われた駅前広場の整備と一体となって、ひたちなか市の玄関口としての「新しい街の顔」をつくることを目指しました。特にT街区側は、隣接する駅舎と協調しながら、約4km先にある太平洋とひたちなか海浜公園を意識した方向性・躍動感のあるデザインと地域の素材感・色彩の融合を図っています。一番のポイントとしては、生活観溢れる所謂マンション的な景観をできるだけ抑えつつ、「街の顔」となるよう都市的な表情を創り出しているところではないでしょうか。
これを機に、勝田駅の駅前が益々の賑わいを見せてくれることを期待しています。
posted by gkk-tokyoスタッフ at 11:22| 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする