2014年04月28日

杜のアレイ(横丁)〜ハナミズキの家〜 その2

「ふるさとの森を感じられる家」
ひろしま住まいづくりコンクール2013・新築部門最優秀賞受賞


p1 04右上 リビング,ダイニング.jpg

前回ご紹介した「杜のアレイ(横丁)〜ハナミズキの家〜」の第2回です。
ハナミズキは住み手ご一家のシンボルツリーで、庭とアプローチに植えられています。

p4 09ダイニング,デッキ,庭のつながり.JPG

1階は一体的な内部空間とデッキを介した庭や神社の景との連続性による開放的な空間の演出、
2階は行き止まりをつくらず回遊性をもった間取りとした点がポイントです。
必要なときは建具で仕切り、コンパクトな空間を最大限に使う工夫をしています。

外部空間は、アプローチや庭を隣合わせ、仕上げや植栽を互いに調和させることで、
空間に広がりを生み、街への表情をまとまりのあるものとし、
また植栽は互いに借景することと、プライバシーの確保を意図した計画としています。

p3 01安芸佐伯杉 葉枯らし.jpg

p3 06小屋裏架構と御幣.JPG

柱・梁には同じ県内の廿日市市玖島のスギ、
天井、床、壁にはそれぞれ国産のスギ、ヒノキ、白洲漆喰を用いています。
屋根はお隣、島根県の石州瓦。
外壁も白洲を原料とした仕上げです。
造り付けの家具にはアクセントになる部分にご家族の故郷、
北海道のハルニレをあしらっています。
身近に「ふるさとの森を感じられる家」になればと考えました。
また古い石垣はそのまま活かし、この場所の記憶を残すようにしています。

p1 03中下 外観,石垣.jpg

(OKAMOTO)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 10:37| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。