2014年05月27日

「建築家 大高正人の仕事」が出版されました。

少し前になりますが、本年2月にエクスナレジより「建築家 大高正人の仕事」が出版されました。
ずっしりと迫力のある本ですが、税抜2,800円と手に取りやすい価格となっています。

建築家 大高正人の仕事 - エクスナレッジ
hyoshi.jpg

大高正人は、槇文彦と共にメタボリズム・グループの中核的存在として「群造形」論を発表し、
広島基町高層住宅、坂出市人工土地、千葉県文化会館、横浜みなとみらい21、
晩年は生まれ故郷である福島県三春町のまちづくりに携わるなど、
日本の建築、都市、農村のあり方を探求し続けた建築家です。
弊社は大高事務所第1期生の藤本・増山・下山によって開設され、
大高先生の“作法”を原点として、これまでの道のりを歩んでまいりました。
大高先生は2010年8月に86歳の生涯を閉じられ、
その業績と思想を後世に伝えようと編集委員会が結成されました。

先月の25日に、建築家会館で開かれた出版記念シンポジウムに参加してきました。
建築家大正人が遺したもの 今、混迷の時代にあってその意味を問う

「建築のあり様は、都市のあり様と切り離して考えることは出来ない」
「建築は人間を幸せにするためにある」

この本をきっかけに、大高先生の遺した仕事をよく咀嚼し、
これからの仕事に活かす方法を考えていきたいと思います。
読後の感想や、建築・都市デザインの仕事を訪ねて感じたことなどを、
また改めてご報告できれば幸いです。

(inoue)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 18:18| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。