2014年06月04日

ウッディアリーナ朽木 その1

木の建築賞・ハイブリッド建築賞受賞

01.jpg

3年前の3月に竣工した滋賀県高島市立朽木東小学校・朽木中学校の
屋内運動場「ウッディアリーナ朽木」が、NPO木の建築フォラムの
第9回木の建築賞・中国木材ハイブリッド建築賞を受賞し、
5月31日東京大学農学部弥生講堂一条ホールで表彰式が開かれました。

02.jpg

03.jpg

会場となった農学部は都心とは思えない緑に恵まれ、
木陰の気持ち良いキャンパスです。

06.jpg

東京の私たちと滋賀県彦根市の水原建築設計事務所が共同で取り組んだ
スギのアーチ屋根の体育館です。
構造は山辺構造設計事務所(東京)、架構や施工については
日本伝統建築技術保存会の西澤会長(彦根)にご助言を頂くなど
東京・滋賀の混成チームで取り組んだプロジェクトです。

表彰式ではプロジェクトの紹介の機会を頂きましたが、
木の建築賞は全国4ブロック巡回で、実質4年に一度の賞ということもあり、
このウッディアリーナ朽木も設計したのは5年前と、
記憶を呼び起こしながらの説明になりました。

04.jpg

学校や市関係者のみならず、PTA、地域住民も含む建設委員会の方々と
長時間の議論を重ねながら設計を進めた体育館は、昨冬に現地審査で再訪した折にも、
大切にされているなと感じ、良い経験をさせて頂いたと改めて思いました。
次回、またご紹介したいと思います。

表彰式に続き、公開フォラム「これからの木の学校建築」が開かれ、
木造校舎の防耐火性能向上の動向、熊本アートポリスでの事例、
木造校舎のJISの改正など、興味深い話題が紹介されました。

05.jpg

(IMAI)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 23:45| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。