2015年03月19日

宮崎の木の家

1.jpg

今から少し前、宮崎市街の中心部に残る住宅地の一角に、小さな木の家を設計しました。
構造材は宮崎のスギと、床は都城で加工したヒノキ、内外壁には都城のシラスと、
地域の素材を用いています。ちょうど一年前の三月に完成しました。

2.jpg

宮崎市の中心市街地も空洞化が見られ、古い屋敷が並んでいた一角の裏通りは
裏庭から転じた月極駐車場が多く並び、まとまった敷地はマンションになっています。
この敷地も築百年を超える古い主屋の裏の月極駐車場で、場所柄、低密度な利用は
勿体ない気もしましたが、高齢化しても暮らしやすいコンパクトな平屋としました。

3.jpg

元来、台風の多い地域であり、雨が多く、日差しも強いので、高さを抑え、
軒の深いシンプルな切妻とし、断熱、通風、夜間排熱に留意しました。
1年を経て、お施主さんから夏は涼しく、冬はこれまでになく暖かいとの声が聴け、
ほっと一息。

4.jpg

通りの向かいのお宅には古くから残る大きな木々があるので、
それと合わせ行き来する人が楽しめるようにと、ほんの僅かな前庭には
花や紅葉、新緑、香りなど季節の変化の楽しめる木を数本植えました。

5.jpg
6.jpg

高い塀は設けず、大らかな格子で目隠しをし、通りの様子を楽しめるように
しています。格子の内側はゆったりとした木製デッキのスロープです。

7.jpg

一本裏で車の通りが少ないせいか、辺りは猫の天国です。
この冬、訪ねてみると、板塀の上は、シンボル・ツリーならぬ
日向ぼっこの白いシンボル・キャットが鎮座していました。

8.jpg

(IMAI)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 17:08| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。