2018年07月31日

地域に開かれた憩いの空間 〜 NRE新川崎弥生テラスの「地域交流室」

先日、今年2月に竣工した「NRE新川崎弥生テラス」に伺ってきました。

NRE新川崎弥生テラスは、介護付き有料老人ホーム、ケアプランセンター、看護小規模多機能型居宅介護事業所という3つの介護サービス事業所がテナントとして入る建物で、私たちは建物内部の設計、外観デザインの計画、屋上・ルーフバルコニーの緑化計画に携わりました。
様々な世代が共存しながら周辺地域と共に成長するまちを目指して開発されたコトニアガーデン新川崎の一角にあり、地区内にはコミュニティガーデンを中心に、店舗、クリニック、共同住宅、保育園、介護サービス事業所が並んでいます。

1.jpg

2.JPG

NRE新川崎弥生テラスは、老人ホームに入居される方々が「施設」にではなく、これまで生活してきた「住まい」と同じように「まち」の中で暮らすことをコンセプトに運営されています。
1階にはまちとつながる「地域交流室」がコミュニティガーデンに面して配置され、入居者やそのご家族に限らず、地域の方々が自由に出入りして利用できるように開放されています。
運営者のお話による普段の地域交流室の様子は、お隣の保育園にお子さんを迎えにきた保護者の方々が立ち寄っておしゃべりしたり、学校が終わった後の子どもたちが集まってゲームをして遊んでいたり、ランチタイムには地区内の店舗やクリニックのスタッフたちがお弁当を片手に休憩に来たりなど、様々なかたちで地域の方々に利用される居心地の良い空間になっているようです。
地域のお祭りと一緒に行われるイベントなど、様々なイベントが開催されていますので、またその様子もお伝えしたいと思います。

3.JPG

4.JPG

(okamoto)
posted by gkk-tokyoスタッフ at 10:34| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。