2013年04月26日

久しぶりのブログアップです。

 昨年の4月から行われていた工事も無事完了し、新しいマンションが先日竣工しました。

 この建物は門型の住戸配置とバルコニーから突き出した仕切壁が外観の特徴となっています。駅前の大通りからは都市的なスケール感を持った表情をしています。
 今回のマンションは屋上に太陽光発電を装備しており、住戸それぞれに太陽光パネルが割り付けられています。快適に過ごすため建物の性能を高めることは当然のことながら、設計者としても使われるエネルギーの生産・消費に関心を持つことが重要になってきていると感じます。
 玄関先のメグスリノキが大きく育つといいです。

ブログ用1.jpg

ブログ用2.JPG
posted by gkk-tokyoスタッフ at 14:19| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

現代計画が四十周年を迎えました。

2012年で設立四十周年を迎え、9月8日(土)にささやかな会を開きました。


DSCN0696_LIGHT.jpg
会場は、自由学園明日館です。


IMG_4476_LIGHT.jpg
近年の取り組みをパネルにまとめ、紹介しました。


IMG_4505_LIGHT.jpg
長年、業務や活動でお世話になった方々、多数のOB・OGの方々がご出席して下さいました。
感謝と共に、今後の取り組みに向け、気持ちを新たにする会となりました。

posted by gkk-tokyoスタッフ at 23:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

新築マンション建設中!

2011年から設計を始めた集合住宅が着工し、現在監理を行っています。
敷地は常磐線東海駅前で、戸別太陽光発電システムを採用し防災井戸も設置しています。
常陸の風景色(黄褐色)をベースとして基壇部には隣接建物群と同系色のグレーを採用した
2層構成のマンションです。
竣工は2013年3月を予定しています。

anerge03.jpg

anerge01.jpg

posted by gkk-tokyoスタッフ at 19:00| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

新しい「木の学校」づくりが進んでいます。

「木の学校」村岡小学校及び村岡幼稚園(兵庫県美方郡香美町)プロポーザルにて、
弊社が最優秀提案者に選定され、現在基本設計を進めています。

・単純・大らかな新旧「木の学校」と屋外空間で、心に残るふるさとの風景をつくる。
・地域の材と技術を用い、学校をつくり・育てるプロセスを地域で長く分かち合う。
・地域の気候・風土を踏まえ、生きた教材となる「木の学校」をつくる。
をコンセプトに、香美町ならではの「木の学校」づくりを提案しました。


村岡小模型写真.jpg
敷地南側からの全景


環境 断面図.jpg
自然環境を取り込み、省エネルギー化・省資源化を目指した設計方針


村岡小ランチルーム.bmp
小学校ランチルーム内観


村岡幼稚園パース.jpg
幼稚園の縁側テラス
ラベル:プロポ 木の学校
posted by gkk-tokyoスタッフ at 00:41| Comment(0) | 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

新築マンション及びホテル棟、竣工しました!

2012年3月、JR常磐線勝田駅の東口駅前にて勝田駅東口地区第一種市街地再開発事業(T街区:集合住宅と商業施設・オフィスの複合ビル、U街区:ホテルと市の駐輪場の複合ビル)が竣工しましたので、お知らせします。

勝田駅東口T・U街区.JPG


我々が関わってから足掛け3年、事務所内外での綿密な検討、現場監理…etc.を経て、この春勝田駅東口駅前が新しくなりました。勝田では、駅の反対側の西口でも2年前に完成した154戸の集合住宅の設計にも携わっており、これで駅を挟んで両側の整備に関わったことになります。

ファサードデザインとしては、併せて行われた駅前広場の整備と一体となって、ひたちなか市の玄関口としての「新しい街の顔」をつくることを目指しました。特にT街区側は、隣接する駅舎と協調しながら、約4km先にある太平洋とひたちなか海浜公園を意識した方向性・躍動感のあるデザインと地域の素材感・色彩の融合を図っています。一番のポイントとしては、生活観溢れる所謂マンション的な景観をできるだけ抑えつつ、「街の顔」となるよう都市的な表情を創り出しているところではないでしょうか。
これを機に、勝田駅の駅前が益々の賑わいを見せてくれることを期待しています。
posted by gkk-tokyoスタッフ at 11:22| 建築設計・計画部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。